フォト
無料ブログはココログ

« ついに? | トップページ | 朝がまた来るぅ(T-T) »

2004-01-22

惜別

040121matsuya.jpgモーしばらく食べられなくなるかもしれないので、夕べは牛丼を食した。

無論、みゆきさんとの約束があるから、蒲田西口の松屋へ。

意外なことに、周囲の客は、あまりぎぅ丼を食べていない。既に乗り換えの準備だろうか?

この日の発注は、並と生野菜と生タマゴ。いわゆる並セット(\440)だ。

ほどなく出されたぎぅ丼の立ち上る湯気の真ん中に、箸で穴をあけ荒く混ぜた生タマゴを落とす。
その上に備え付けの容器1/5程度の七味と、トング山盛り3掴み程の紅ショウガをトッピング。
あっ、ミソ汁にも七味をぶち込むのを忘れずに。

あせってかっ込むと七味が気管に入りむせてしまうので、ゆっくりと、愛でるように一口ずついただく。
あぁ、至高の瞬間。脳天から刺激が突き抜けていく。

全てを食べ終えれば、カプサイシン効果で汁ダクならぬ汗だくだ。
麻痺した舌にぬるくなったお茶が心地よい。
ご馳走様でした。

えっ、どこかおかしいですか?
マニュアルどおりの食べ方ですが何か?

« ついに? | トップページ | 朝がまた来るぅ(T-T) »

食欲」カテゴリの記事

コメント

赤っ!(笑)
ここまでいくと紅しょうが丼の牛ダシ味とかでも
充分いけるんじゃないかと・・・。

赤は情熱の赤!
赤はおいすぃの赤!
赤万歳!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11412/123656

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別:

« ついに? | トップページ | 朝がまた来るぅ(T-T) »

最近のトラックバック

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31